Uncategorized

カラミざかり 第8話無料あらすじ|ついに高成が童貞卒業!

前回の第7話は貴志が高成たち3人を家に読んでセックスを始めた回でした。

せっかく高成が里帆とキスができてセックスをしようとしていたところに、

貴志が王様したいとか意味不明なことを言って中断させた相変わらずひどい奴でしたね。。

 

さて、第7話は高成が里帆のパンツを無理やり下ろして入れてやろうとするところで終わりました。

第8話では高成は無事里帆とやれるのでしょうか。

 

それでは早速第8話を詳しく見ていきましょう。
▼▼早く読みたいなら画像をクリック♡▼▼



▲▲無料で試し読みできます♪▲▲

カラミざかり 第8話 あらすじ

王様になった貴志が里帆と智乃のダブルフェラを堪能していた時、

 

高成は里帆のパンツを後ろから見ていて興奮を隠しきれずにいた。

 

里帆のパンツはピンク色だった。

 

我を忘れた高成は里帆のパンツを一気に下ろす!

 

貴志のムスコにフェラをしていた里帆は驚いた表情を浮かべる。

 

かすかに理性は残っていたのか、高成はゴムはしているようだ。

 

パンツの覆いを外された里帆のアソコがあらわになる。

 

それをみた高成はさらに興奮し、一気に自分のアレを里帆のアソコに突っ込もうとする。

 

が、しかし、里帆は痛がってしまう。

 

「はぁっ、はぁっ、はぁっ、」

 

高成は我を失っていて、里帆が痛がっていることも気づいていない。

 

「高成、まてって」

 

貴志が声をかけて我に返る高成。

 

「飯田まだ濡れてないんじゃね?」

 

そう言うとおもむろに里帆のアソコに手を当て確かめる。

 

貴志の言う通り里帆は濡れていなかった。

 

貴志が里帆をびちょびちょにしてしまう

「じゃおれがびちょびちょにしてやっからさ」

 

そういうと貴志は里帆を抱き寄せてディープキス。

 

流れのままにシックスナインを敢行する貴志。

 

(ホントに昨日までどーてーだったのかこいつ)

 

れろれろれろ、れりゅれりゅれりゅ

 

貴志が激しく里帆のアソコを舐め上げる。

 

その様子を見る高成はなんとも言えない表情をしている。

 

智乃はそんな高成を憐れんでいるのか、深いため息をついた。

 

飯田も舐めて

 

そういうと里帆の顔の前に自分のムスコを差し出す貴志。

 

里帆も素直に口に運びシックスナイン完成

 

お互いに舐めあって、次第に湯気が上がるかのように火照ってきた里帆のアソコ。

 

高成の顔が赤くなっているがこれは興奮なのか怒りなのか判断できない。

 

少なくとも高成のムスコはビンビンになっている。

 

好きな人のアソコを親友が攻めているところを見て興奮するとはやはり変態だ。

 

「もう大丈夫だろ」

 

貴志は自分が満足したからか、里帆がしっかり濡れたからか、里帆のアソコから口を離す。

 

どうやら里帆のアソコは無事びしょびしょになったようだった。

 

里帆の顔も紅潮していてとても淫靡な雰囲気をまとっていた。

高成、もう我慢できない!

目の前に里帆のびしょびしょのマンコがある。

 

高成は顔がとんでもなく赤くなっていた。

 

恐らくアソコしか目に入っていない状態だ。

 

高成は自分のムスコを握り、里帆のアソコにあてがった。

 

しかし、高成はまだどーてーなのでどこに入れていいのかわからない。

 

「あれ…?、えと…」

 

こんな感じで戸惑っていると、里帆からアシストが入る。

 

もうちょっと下…

 

なんと、里帆が自分から高成のムスコをつかんで

自分のアソコに誘導してきたのだ!

 

 

いいよ

 

高成は後は腰を動かすだけだ。

 

ズプッ

 

高成は気が狂うほど腰を激しく里帆に打ち付けた。

 

あの貴史が驚くほどピストンを繰り返した。

 

「あんたも罪な男だね」

 

智乃は貴志にそうつぶやいた。

 

「え、なにが?」

 

貴志は何を言われているか気づいていない様子だ。

 

「別に、てか、あたしも舐めてよ

 

智乃は貴史が里帆のアソコを舐めているときから舐めて欲しかったに違いない。

 

高成、童貞卒業

高成と里帆はお互いをむさぼるように味わっている。

腰の動きは止まらず、ディープキスを続けていた。

 

「飯田の中、すげー締めつけてくる」

 

「これがセックスか」

 

あ、もう出る!

 

どぴゅ、びゅるっ、びゅるっ

 

高成は里帆のなかで果てた。

 

4人はセックスのとりことなった

高成が童貞を卒業したその日以降、

 

ほぼ毎日4人で集まり、

 

貴志の家、屋外、学校、その他いたるところで、

 

所かまわずセックスをしまくる4人の姿があった。

 

高成も里帆のバックからスムーズにセックスができるようになったようだ。

 

智乃にフェラをさせながら里帆に乳首舐めをさせるなど、高等テクも覚えた高成。

 

普通のセックスでは満足できない体になってしまったのではないか。

 

そんな心配になるシーンで第8話は終了です。

▼▼エロい絵をいっぱいみたいなら画像をクリック♡▼▼



▲▲無料で試し読みできます♪▲▲

カラミざかり 第8話 感想

とうとう高成が里帆とセックスができた、ある意味達成感のある回でした。

 

ここまで奥手でどんくさい高成にはなんの思い入れもないですが、

 

今回の里帆の反応を見ていると、少なからず高成への好意も見られたので、

 

それは正直嬉しかったポイントですね。

 

貴志のエロ知識レベルの高さ

今回気になったのは貴志のエロ知識のレベルの高さですね。

 

高成が我を忘れて里帆に迫った時に、

 

まだ濡れていないことを見抜き、見事びしょびしょにしてしまいました。

 

前日まで童貞小僧だったとは思えないテクニックです。

 

智乃のため息も貴志の舐めっぷりに呆れたから出たのかもしれません。

 

貴志はエロに興味がありすぎて、日々研究を怠らないまじめな奴の可能性がありますね。

 

素晴らしいです。

 

高成はもっと積極的になりなさい

一方高成は貴志におぜん立てをしてもらわないと里帆とセックスできませんでした。

 

これは大いに反省してもらいたいですねw

 

里帆が濡れていないことにも気づかない。

 

濡れていないことを教えてもらっても自分でヌルヌルにしようともしない。

 

初めてのセックスが里帆で良かったとは思うけど、

ムスコ突っ込むだけじゃなくて、

もうちょっと里帆に対してやさしさや気持ちよさを与えて欲しかったですね。

 

次回以降に期待です。

 

智乃はやっぱり女神様

今回も智乃は周りを見れる女であることを見せてくれました。

 

正直このマンガは智乃と貴志で持っているようなものです。

 

少なくともここまでは。

 

この話以降、物語は大きく動いていく感じがします。

 

どういう展開になっていくのか気になるところです。

 

第9話は学校が夏休みに入るところから始まります。

 

夏休み×学生、といったら

 

エロ

 

以外ありえません!!

 

どんな展開になるのか楽しみですね^^

 



↑今すぐカラミざかりを読みたいならクリック♪↑