Uncategorized

カラミざかり 第7話無料あらすじ|智乃は女神様、ああ女神様

前回の第6話は貴志と智乃が水泳の授業をサボってセックスしまくる回でした。

覚えたての猿という感じで良いですね。

 

さて、第6話は貴志が高成と里帆も誘って自分の家に呼んだところで終わりました。

第7話ではどんな展開になるのでしょうか。

 

高成は里帆とエッチな展開になるのか楽しみですね。

それでは早速第7話のあらすじをご紹介します。
▼▼早く読みたいなら画像をクリック♡▼▼



▲▲無料で試し読みできます♪▲▲

カラミざかり 第7話 あらすじ

「放課後、ウチでさ…」

 

貴志が3人を誘って昨日の続きをしたいらしい。

みんな昨日の出来事が忘れられないようで、誰も断らない。

 

4人で貴志の家に向かう途中、貴志がドラッグストアでゴムを買うために一度離脱する。

貴志の買い物を外で高成たちが待っていると、モブのクラスメイトの3人(男)が話しかけてくる。

 

「おー山岸じゃん」

(こんな時に話しかけんなよ)
と思っているかわからないが、そんな気持ちだったに違いない。

 

「暇なんだよー、遊ぼうぜ」的なことを言ってくる。

 

そんなタイミングで貴志がゴムを買って店から出てきた。

ヤバい。

ゴムが見つかったら学校で変な噂が流れる。。。

 

そう思っていたら貴志はゴムの他にお菓子やらなにやら買い込んでいた。

 

「おーいっぱい買ってんじゃん、俺らも混ぜてよ」

(いやいやいやいやムリでしょ!)

 

どうしようと思っていたら、

「かーちゃんに買い物頼まれてさー」

と、貴志はべたな言い訳をした。

 

しかもモブキャラはそれに納得して去って行った。

 

カモフラージュで色々買っててよかった、と胸をなでおろす貴志。

 

変なところで気が利くやつである。

高成は里帆に嫌われたくない

家に着くなり貴史はすぐにセックスの相手を決めようと声をかける。

 

貴志は昨日二人ともやっているのでどちらでもよさそうだ。

 

高成は今日こそは是非とも里帆を相手にしたいと意気込む。

 

しかし空気の読めない貴志はじゃんけんで決めようとする。

 

すかさず智乃が止めに入り、

「とりまウチは吉野とやろーぜ」

と一方的に決めてしまった。

 

昨日の高成の反応を見て、高成が里帆に気があるのに気づいた智乃のファインプレーだ。

 

智乃は高成にアイコンタクトを送った。

 

そうと決まったら貴志は智乃と早速ディープキスを始める。

次のシーンではキレイな乳首をむさぼっている。

 

(早いw)

 

一方高成は里帆が相手に決まったのに一歩が出ない。

手をつなごうとするが里帆が「ビクッ」っとなってしまう。

なぜか里帆は反応が過剰だ。

 

(貴志とはできるけどオレとは嫌なのかな。。。)

 

なんて思ってしまい手が止まってしまう。

意を決した高成は勢いをつけて里帆を抱きしめる。

「思ったより細い」

貴志は王様になりたい

いざ高成が里帆とセックスを始めようとしたその時、またまた貴志が空気を読めない行動に出る

「おれ、王様やってみたい」

 

「こーせーわりー」

 

「飯田、こっちきて」

 

「新山と飯田で左右から舐めて」

 

「え、やだよ、はずかしい」

 

「一回だけやらせて」

結局貴志の言いなりになり、智乃と里帆の二人は貴志のアレを舐め上げる。

 

「おーこの眺め最高」

「幸せ」

 

本当に気持ちよさそうである。

 

昨日まで処女だったとは思えないテクニックである。

 

そんなダブルフェラを見ていた高成は、興奮したのかイラついたのかわからないが、

 

突然里帆のパンツをずりおろし、いきり立った自分のムスコにゴムをつけて、

里帆のアソコに突っ込もうと試みた!

 

というシーンで第7話終了です。

 

この流れだと高成は里帆とやれない気がするけど、どういう展開が待っているのでしょうか。

▼▼エロい絵をいっぱいみたいなら画像をクリック♡▼▼



▲▲無料で試し読みできます♪▲▲

楽しみです。

カラミざかり 第7話 感想

今回も貴志のノー天気でエロい事しか頭にない感じは健在でしたね。

 

親友であるはずの高成のことなど全く頭にない行動を連発してました。

 

本当に親友だと思っているのか疑問です笑

 

しかし今回貴志はドラッグストアでゴム以外に大量購入をするというファインプレーがありました。

 

どうしてもセックスがしたいんだという執念を感じるシーンでしたね。

貴志は高成が邪魔だと思っている

貴志の家について誰と誰がやるかという話になった時、

貴志はじゃんけんで相手を決めようとしていましたが、

実は両方とやりたい、なんなら同時にやりたいと思っていたに違いありません。

 

その証拠に智乃がフェラを始めた時に我慢できなくなったのか、

里帆を呼び出してダブルフェラをさせています。

 

このシーンはかなりエロく、男の欲望を具現化してるシーンなのでぜひ見て頂きたい。

 

私が思うに、貴志は高成は智乃と里帆を家に呼び出すための良い口実に使っているだけ。

男女2:2なら良いでしょ、的な感じです。

実際には貴志と智乃+里帆の1対2がやりたいはずです。

だって猿ですから。

高成は行動が雑過ぎ

一方で高成は行動が雑過ぎです。

 

せっかく里帆と二人になったのに手をつなごうとして失敗したり、

 

勢いをつけて里帆を抱きしめたり。

 

ダブルフェラ中の里帆のアソコにいきなり入れようとするところもそうです。

まあ童貞も童貞の男子高校生ですからしょうがない部分もありますが、
親友の貴志の大胆さと丁寧さを見習ってほしいものです。

智乃は気配りの女

智乃は見た目に反して周りのことを把握している女の子のようです。

奥手の高成が里帆とセックスできるように手配したり、本当は嫌なのかもしれないけど貴志が他の女の子とセックスするのを容認したり。

クラスにこんな子がいたら楽しいでしょうね。

里帆は少々謎が多い

里帆は謎が多いですね。

奥手なのか積極的なのか、経験がないのか豊富なのか。

私の印象ですが、里帆が一番性に興味があるんじゃないかと。

それをバレたくなくてあまり積極的に動こうとしていないだけなんじゃないかと思うんです。

 

おそらく毎日オナニーしていると思いますよw

 

第8話では高成が里帆にムスコを入れようとするところから始まります。

ここからの展開が気になりますね。

高成は里帆とエッチができるのか!?

続きが楽しみです^^




↑今すぐカラミざかりを読みたいならクリック♪↑