Uncategorized

カラミざかり 第10話無料あらすじ|貴志に開発されちゃった里帆を見た高成は…

前回の9話では夏休み予備校漬けの毎日を送る高成に、貴志がエロエロの写真とイラつくメッセージを送る話でした。

それにキレたのか高成は予備校をサボって貴志の家に入っていくところで終了しました。

 

さて高成は貴志の家で何を目撃することになるのか!?

 

早速衝撃の第10話を見ていきましょう♪

 

▼▼早速読みたいなら画像をクリック♡▼▼



▲▲ここから無料で読めます♪▲▲

カラミざかり 第10話 あらすじ

高成が貴志の部屋をのぞくと、里帆が貴志にフェラをしているところだった。

 

飯田、乳首舐めて

 

そう貴志が言うと、里帆は素直に貴志の乳首を舐め始めた。

 

レロレロと乳首を舐めながら、スリスリと貴志のムスコを自身のカラダで擦る里帆。

 

相当な高等テクだ。

 

気持ちい、そのまま手でしごいて

 

そういうと貴志は里帆の手をつかみ自分のムスコを握らせる。

 

貴志の乳首とムスコを同時に攻める里帆。

 

そんな従順な里帆を見て動揺を隠せない高成はつい物音を立ててしまう。

 

高成、貴志の里帆開発にショックを受ける

二人は同時に高成の存在に気づく。

 

「なんだ来てたのかよ」と貴志はあまり気にしたそぶりを見せない。

 

「今日予備校は?」

 

サボったとは言えない高成。

 

休みなんだと答えると貴志は智乃が家族旅行でいないから、最近はずっと里帆と二人だった、と言う。

 

(ずっと、二人で…)

 

激しく動揺する高成。

 

高成に見せたいものがある、と貴志。

 

「こーせー、すげーの見せてやるよ」

 

なぜか里帆が顔を赤らめさせる。

 

貴志がおもむろに里帆の股間に手を伸ばし、指を入れ始めた。

 

ぬっちょ、ぬっちょ、ぬっちょ、ぬっちょ

 

「あ、や…、ああっ」

 

卑猥な音と声だけが貴志の部屋に響く。

 

しばらく貴志が里帆を愛撫していると、里帆のカラダがビクビク言い出した。

 

「ほら、見てろよ」と貴志。

 

ビクンッ!

 

プシャャャ!

 

そんな音と共に里帆のアソコから聖水がふき出した。

 

ガクガクする里帆のカラダ。

 

すげーだろ潮吹き

 

開発しちゃった

 

目が点になるほど高成はショックを受けてしまった。

高成、我慢しきれなくなる

貴志はおもむろに自分のイチモツを聖水を出したばかりのアソコにあてがう。

 

あ…や、今ダメ…

 

ズップ、ズップ、ズップ

 

貴志は里帆とセックスを始めてしまった。

 

潮吹きをした後のアソコは気持ちよさそうだ。

 

そんな二人を見ていた高成のアソコも最大限に膨らんでいる。

 

無言でズボンを脱ぐ高成はそのままイチモツを里帆の口元に置く。

 

黙ってそれを咥える里帆。

 

貴志と高成が里帆の上と下の口両方を犯している格好だ。

それから飽きるほどセックスを繰り返した三人。

 

夕方になっても高成は里帆を犯し続けている。

 

そろそろ貴志の母親が帰ってくる時間のようだ。

 

しかし、今までの借りを返すかのように高成は里帆をバックから突きまくっている。

 

貴志の声など聞こえていないかのように。

 

 

高成が自宅に帰ると親に予備校をサボったことがバレて、受講期間中の外出を禁止されてしまった。

 

また予備校だけの毎日を過ごす高成に対し、貴志たち3人はセックス三昧。

 

しかしここで新たなイベントが。

 

次の日曜日に神社で夏祭りがあることを智乃が発見する。

 

高成の予備校も土曜で終わりのため高成も来れるタイミングだった。

 

そこで4人で浴衣を着て夏祭りに行くことになった。

 

と第10話はここまで。

次回は神社の夏祭り編です^^

 

里帆と智乃の浴衣姿楽しみですね♪

▼▼本編を読みたいなら画像をクリック♡▼▼



▲▲ここから無料で読めます♪▲▲

カラミざかり 第10話 感想

今回は高成が貴志に開発されてしまった里帆の姿を見るところがハイライトでしたね。

 

自分の好きな女の子が親友に潮吹きをさせられて、さらにそのままセックスしてしまうところを目の前で見せられる高成の心境はどんなものだったのか。

 

そのあと気が狂ったように里帆をバックで攻め立てていたところを見ると、自分が見たものを忘れたかったんじゃないかと思います。

 

それくらい卑猥なシーンでしたね。

 

カラミざかりは自分が普段できないようなプレイを絵で表現してくれるので、とてもエロいです。

 

里帆はなぜしゃべらないのか?

ここまで10話読んできて、ふと疑問に思ったのが、

里帆がほとんどしゃべっていない

ことです。

 

引っ込み思案だから、

智乃がよくしゃべるから、

などはあると思うけど、

さすがにセリフが無さ過ぎ。

 

喘ぎ声の方が多いくらい笑

 

何も答えてないのに貴志に良いようにやられてしまっているのも従順すぎですね。

 

実は奉仕体質なのかな?

 

高成もそうだけど、里帆も何考えてるんだか良くわからんキャラですね。

 

ある意味似た者同士。

 

付き合っちゃえばいいのに!

 

貴志に良いようにやられてしまった負い目から高成とは付き合わない気もしますが。。

 

夏祭りが気になる!

さて次回の11話は夏祭りです。

 

里帆と智乃は浴衣を着てくると言っていたので、浴衣の絵が見られると思います。

 

楽しみですね~。

 

てか女子と夏祭りとか羨ましいぞ!

 

こんなことやってたら貴志は野球部に復帰したくないだろうなぁ笑

 

第11話では高成と里帆の関係が進むのか。

 

それとも全然違う展開を見せるのか。

続きが楽しみです!

↓カラミざかりの公式サイトでは無料で試し読み実施中♪↓



↑今すぐカラミざかりを読みたいならクリック♪↑